【題名のない】『子どもはレシピ10個で育つ。』上田淳子【お皿たち!】

家庭料理は、”題名のないお皿たち”の集まり。

『子どもはレシピ10個で育つ。』上田淳子

私は料理研究家・上田淳子さんの大ファンです。本書には、上田淳子さんの家庭料理に対する考えが多く綴られています。(レシピもないわけではなく、控えめに巻末に載っています)

『子どもはレシピ10個で育つ。』上田淳子

隙間時間にやることとしては、つくりおきではなく”仕込みおき”がおすすめ。

『子どもはレシピ10個で育つ。』上田淳子

頑張ってつくった「つくりおき」は家族にとっては残り物かもしれない、
今日食べたいと思ったものをささっと作れるようになること、頑張るべきはそこ、
と上田淳子さん。

まとめて献立を考えるなら、月曜日、火曜日、水曜日の3日分だけ。木曜日と金曜日は”帳尻合わせ”と考えましょう。

『子どもはレシピ10個で育つ。』上田淳子

我が家は買い出しを週末にまとめてやっているので、献立もまとめて考えることになります。
でも実際は、平日5日の夕食を考えた通りに作ることの方が稀。これはとても参考になりました!

ゴールが見えないようでいて、子どもはあっという間に大きくなってしまいます。24時間365日一緒にいたのに、トイレについて行かなくなり、だんだんと手を繋がなくなり、一緒に寝ることもなくなります。でも、唯一最後までできるのは、ごはんを一緒に食べること。(中略)だから私は、母として、料理を諦めたくないと思っています。

『子どもはレシピ10個で育つ。』上田淳子

大変でもあり、喜びでもあるご飯の支度。
質素でも手抜きでも、体に良くて美味しいご飯を、家族と日々楽しめると良いです!

タイトルとURLをコピーしました